大勢の人

事業を辞めてしまう前に事業譲渡も選択肢に入れよう

譲渡という選択肢

スーツの男性

事業をやめる時には、そのまま解散してしまう方法のほか、誰かに事業譲渡を行うという選択肢があります。解散するメリットとしては、事業そのものが上手く行っていないケースがあり、また将来的に先細りするリスクがある場合などは精算してしまう方が事業主としてはプラスになるケースがあります。一方で事業そのものは問題なく利益を得ている場合には事業を続けられるように配慮することが求められます。事業を続けることができれば、雇用を守れますし取引先への影響も発生しないといったメリットがあります。また事業譲渡といっても実質的には企業買収によって事業を売ることになるので、事業主としての責任を精算することができますし、譲渡によっても収入を得ることができます。

事業譲渡を行うメリットとしては、売却する側にとっては売却によって資金を得ることができるということです。会社を解散した場合には精算によって利益を得ることも可能ですが、実際に会社そのものを精算するためには、さまざまなハードルをクリアする必要があります。特に債務がある場合には債権者に対して通知や公示を行う必要があり、それらの費用で結局、手元に資金が残らないリスクがあります。また事業譲渡でも、一部の事業のみを譲渡するといったことが可能ですので、それらによって得られた資金をもとに事業の立て直しをしたいといったことも可能です。また買い手としても事業譲渡によって資産や従業員、取引先との契約を引き継げるメリットがあります。

空間と時間に見合う価値

ウーマン

カフェの開業は立地やサービスを吟味すれば、成功するもの難しくないです。最近はSNSが普及していますね。特徴のある見栄えのあるメニューを提供できれば、SNSでお客様が宣伝してくださいますので、写真映えするメニュー作りというのも大切になってくるでしょう。

詳しく読む

現実を考える事が大事

レストラン

飲食店を経営して軌道にのせるためには様々に準備をすることが大切です。一番重要になってくるのはお店のコンセプトをしっかりと決めておくことです。単純に美味しいだけのお店よりもテーマが決まっているお店のほうが集客が見込めるからです。更に看板や名前を決めて、インターネットなどでのアピールも大事です。

詳しく読む

開業するには

女性

関西で開業するのであれば大阪がもっとも成功する可能性のある地域です。大阪であれば経済規模が大きくチャンスが多くあり、また開業支援を行っている会社も多くあります。開業支援を受けることで開業までのプロセスをスムーズにして開業後の事業の成功の可能性を高めることができます。

詳しく読む